<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
キタ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!!!
.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

ブログに書くのは遅いかもしれないけど
書くっきゃないでしょ.。゚+.(・∀・)。+.゚

私、フレンズHPのBBSを携帯に送ってるから
なんか仕事中に携帯のバイブうるさいなぁ~って思ってたら
SMさんのカキコとひーたんのカキコとらてのカキコでキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

疑う余地なく、もう((((o・ω・)o))) ドキドキ♪ しまくりw
自分の目で確かめたくて仕事どこじゃなかったですよ(〃ノωノ)

仕事あるけどドキドキ"o(・ω・o))((o・ω・)o"ワクワク
仕事あるけどドキドキ"o(・ω・o))((o・ω・)o"ワクワク w

仕事ならなぁあああああああああい.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

帰ろ(*'ω'*)

εεεεεヾ(*´ー`)ノ|家|


もう電車の中でも((((o・ω・)o))) ドキドキ♪ がおさまらなかったですよw



11月26日
ボンバーマン終了のお知らせがあった日

同じように携帯のメールで知りました

そのときは信じられない気持ちと信じたくない気持ちと
有料なのかな?という事実がわからない気持ちが複雑に絡み合ってて
そのときも早く家に帰って真相が知りたいと
…o(;-_-;)oドキドキ してました

だけどそのときのドキドキは一緒に遊んでいた人との場所や
ボンバをしていた自分の居場所
そんなものをいっきに持って行かれたような虚無感に襲われてたんですが

今日のは
もう.。゚+.(・∀・)。+.゚.。゚+.(・∀・)。+.゚ですよ
ホント?((((o・ω・)o))) ホント?((((o・ω・)o)))

いつまでも子供のように心躍らせてる自分がかわいいなと思いましたw


また始まったらみんなで楽しくやりたいですね
フレンズのHPもこのブログで出会った人が気軽に利用できるようにできたら楽しいなと
そのうちいじりますね♪

ブログの更新もどうなることやらとは思いますが
自分の思いを書く場所として続けていきたいと思っています^^

また廃人みたいにならないようには気をつけますが
みんなが心から楽しめる場所の復活はやはり嬉しいです



とりあえず
゜☆。・:*:・゜★o(´▽`*)/おめでとう♪

ヽ(・ω・*)^☆.。.:*・゚☆ 祝 ☆゚・*:.。.☆^(*・ω・)ノ



あと、こういうときにフレンズのHPにカキコがあったのも嬉しかったです^^
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-31 23:05 | 日記
今日から新カテゴリ 心理ゲームしましょ♪
今日も本屋をウロウロしていたら最近みんなのブログで見る心理ゲーム的な本を発見♪
私1人で楽しんでも良いんですが
せっかくなのでみんなとちょこちょこやっていきたいなと思い企画しました

色んなタイプがあるんですが
今日はあなたの 「直感力」 の心理ゲーム
隠れた深層心理を引き出しますよ(*'ー'*)

・・・問題は最近エキサイトブログの画像表示の調子が悪いこと(;´ω`)
表示されてると良いけどw

b0069938_21295421.gifこの地図はある子の家から学校までの地図です。
この子は毎日どうやって学校に通っていると思いますか?

1.a e g の各ポイントを通って
2.a c j g の各ポイントを通って
3.a c h i の各ポイントを通って
4.b d h i の各ポイントを通って
5.b d j g の各ポイントを通って
6.b f i の各ポイントを通って

さてどれ?(*'ω'*)

地図手書きだったから間違えちゃったぁああ(。´Д⊂)うぅ・・・。
ということで 地図の a と b は逆です(*'ω'*)ヨロシク
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-30 21:36 | その他
結婚かぁ(*´ -`)
昨日会社のランチタイム休憩時間におやつを買ってみんなでティータイムしながら話をしてたんです
そのおやつと言うのが
食堂で昼食を食べた後に、売店で見つけた 『本日限定販売』 となる 『チョコクリームオレンジマフィン』
一緒にいたお姉さんたちと3つ買いました☆

私は3時休憩にコーヒー持って集まってみんなでティータイムかなぁ(*'▽'*)
って思っていたのでお昼休憩は自分の席でいつもながらに時間をつぶしてたんですが

お茶もって集まってね♪

と言われたのでコーヒーをカップに注いでお姉さんたちが集まる会社の一角にあるテーブルへ
昨日のランチは何を食べたっけかな・・・
とにかくそんなおやつだろうがお腹に入れる余裕もなかったんですが

さすが女性デス(*'ω'*)

甘いものが別腹とは言わないけど
あまりのスウィートな味と食感に+。:.゚(人〃∇〃)*+シアワセ♪気分満載
さすがにマフィン1個ずつなんて口にはしなかったけど
お姉さんたちと半分ずつスプーンですくいながら食べました(〃ノωノ)


そこで話してた会話が 『お見合い』

まだいいでしょぉ~なんて言われる歳でもそろそろなくなってきたんですよね(;´ω`)w
うちの母親は22歳で結婚し、24歳で私を産み、25歳で弟を産んだので
25歳には2児の母だったわけです
去年のバイトで知り合った私より1つ年下のお姉さんもすでに4人目を身ごもっているとか
・・・はい。(・∀・)行き遅れてます

昨日は3つ買ったマフィンを5人(+その場にいなかった人1人)で分けて食べてたんですが
そのときに一緒に食べてた人は
結婚10年目のキャリアを持つ先輩社員1人(まだ30代だとは思われる方)
& 結婚してない女性4人・・・(*'ω'*)私もデス

話のネタになってたのが、そのうちの1人がお見合いの話を親に持ってこられたらしくて
しかも、そのお見合いの相手団体がうちの会社も含まれてるんだけど
グループ会社を対象としたものらしく
年収などはまず問題ないと思われる方々

私の同期入社の友達も大学の時に結婚してる人や
大学の時に付き合ってた人と社会人になったからと籍を入れる人や
そんなこんなでけっこう周りは結婚話が盛んに行われてたりするんです
そんな環境にいると
そういう話がないと乗り遅れまくりな感じが漂ってくるんです(;´ω`)

で、一緒にマフィン食べてたお姉さんの1人が
『お見合いでいいから結婚したい~』 って言うんです

確かに・・・出会いないわな(;´ω`)
私の同期入社の人だけでも今年160人会社に入ったんです(中途別にしてね)
そのうち16人が女性
1人財務省の人と結婚するとかで早々と辞めちゃった人がいたけど
人数的には 160:16 10人に1人が女性という会社
色んな子会社からヘルプで事務職お姉さんを雇ったりはしてるけど
基本的に男性会社なうちの会社
出会いをしようと思えばできなくないはずなのですが・・・(・∀・)これがまた何もない・・・w

仕事が忙しすぎるのかなっていうのもあるけど
問題は 『社内恋愛』 をみんなすごく避ける傾向があるらしい
うちのグループの主任さんは社内恋愛だったらしいんだけど
奥さんが身ごもって会社を休業するまで
誰にも内緒だったというからすごい
誰にもって言ってももちろん上司には言ってないはずはないんだけど
他の人には何を聞かれても知らない振り
よっぽど何かあるのかしら(;´ω`)気になるよね

と言うわけで私も社内で出会って恋愛しようっていうのは
期待してなかったりするわけなんですよ(´・ω・`)w

でも、私も良い歳になってくると結婚したいんですよねー
結婚と言うよりも30までに子供産みたいんです

子供と気軽に色々話し合えたり行動できる若いお母さんでいたかったし
何よりも子育てというのはすごく体力がいる
しかも、今のこの仕事の状況から考えて子供が出来たからって
すぐ 『今日もこれで帰ります~εεεεεヾ(*´ー`)ノ』 なんてできるはずないし
そんなことを考えると母さんが元気なうちに子供を産んでおきたいなと
|ω・。)甘えてるとかじゃなくてね

色んな現実を考えるとお見合いも悪くないのかなぁ


でも、そこでふっと考えたことがひとつ
お見合いで結婚するときって
私もうネットできない・・・よね?と
必ずしもそういうわけじゃないんだろうけど
結婚を前提にお付き合いする場合・・・そうじゃなくてもかな

一緒にそういう家庭を築こうとしてるのに
ネットなんてできないよねー・・・

ネットって、こうやってネットを通じて向こう側に 『人』 を感じているから
引き篭もりやオタッキーな雰囲気って昔ほどないとは言え
それでもネットをしてPC目の前にして座ってるのって
『1人』 の楽しみでしかないよね って思ったりしなくない

しかもね、私たちってこうネットに慣れてるけど
ネットと言ってもニュース見たり、色んな情報サイト回ったり
そういう使い方しかしない人にとっては
PC目の前にして (・∀・)ニャニャ してる人って充分なオタッキー的存在なんじゃないだろうか
ましてやネットというものに触れてなくてひたすら仕事しちゃってる人からしたら
どこかのブログや掲示板行って友達のサイトに((φ(・ω・*)かきかき♪してるのも
変な人扱いされるくらいのことなのかもしれない(´・ω・`)

確かに大学時代に同棲してたときってネットしてなかった
だからこそ上手くいってた部分もあったし
バイトしてた私が短い時間の中で取れるコミュニケーションをするとしたら
ネットの存在なんてどこにもないよね

去年つきあってた彼氏さんはその人もネット好きな人だったんだけど
それはそれでお互いにネットで友達がいたり色んな遊びを一緒にしてても何も干渉してなかったけど
だけど、一緒にいた時間がどれほどあるかって言ったら
彼氏と会うよりもネットに重点置いてたこともありました(*'ω'*)内緒ね☆


あれかなぁ
もうネットと現実どっちを取ろうとか考えちゃってる時点ではまりまくりなんだろうね
どっちがいいんだろ

ネット慣れしてるお見合い相手
まったくネットを知らないお見合い相手

ネット慣れしてるというのが怪しくなければ良いというレベルかな
まったく私がこうやってネットしてるのを理解不可能って言われちゃう人は困るけど
自分の世界に入りまくりな人も嫌だなぁと正直思う

恋愛でお互いの性格や暮らしを見てきて
それでも一緒にいたい.。゚+.(・∀・)。+.゚ と思うのであれば
何をしても自分らしさみたいなものが出せていけそうだと思うけど
お見合いで結婚した場合
どこまで出せるんだろ
ネットを知らない女性としてお付き合いしていくんかなぁー・・・


と、そんなこんなで悩んでみても
実際お見合いして気に入った人が見つかれば
ネットしばらくしない自分がいそう

まったく辞めるわけじゃないけど
辞めたいとかじゃなく、できないような気がする(気分的というより時間的にねw)

いつかそうやって卒業しちゃうのかな

シミジミしてみた櫻デシタ(* ´ー`)


ちなみに
一緒に話してたお姉さんが
4人分のお見合いの資料を持ってきてくれるそうです(*'ω'*)どうしましょ


それにしてもみんなキレイでスタイルも良さそうな人たちなのに
なぜ相手いないんでしょうね(;´ω`)
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-30 00:10 | 日記
心に沁みる一冊 『 人のセックスを笑うな 』
1月25日の記事 「ネタのつもりで読み始めた本にやられちゃいました」 でちょこっと書いた作品

山崎ナオコーラ著 『人のセックスを笑うな』


初めは著者の名前と本のタイトルで笑いありな感じなのかな?と
ちょっとブログに書けるかもというネタとして期待してました
笑うなヽ(`д´)ノ 、 笑うなヽ( ´ー`)ノ 、 笑うな(。´Д⊂)うぅ・・・。 、 笑うな(;´ω`) 、 ・・・どれだろう?と

どんなイメージで書かれたタイトルなのか
それは読むまで分からないもの

本についていたビラに 「芥川賞候補作&文藝賞受賞作」 とあっただけに期待は大きかったけど
そういう本の受賞作品って真面目そうなものがやっぱり選ばれるのかなとか
何が基準として選ばれてるんだろう?
もっといい本だってあるのに・・・
そう思わなくもなかったので
自分で読むまでは良いか悪いかの判断はしないようにしてます


とりあえず本をぱっと見ただけで
そのタイトルに惹かれたことは言うまでもありません
たくさん並んだオススメの本の中に埋もれていた一冊
オレンジ色の表紙にタイトルと著者名のみ
白抜きの文字で大きく 「人のセックスを笑うな」 とそれだけ
印象に強いタイトルなんですよね
何十あるオススメの本に埋もれてても目が行くだけでもすごいことです

そういういきさつで手にしたその本
ぱらぱらっと見てみたら

ぉ、意外と読みやすそう

そうなんです
文字が大きく、セリフ調
気難しい本って私全くダメで、小さい頃から読書を好んでいなかったのは
読書感想文で選んできた 「難しい本 = 本」 というイメージが強すぎたから
いつも夏休みの宿題を仕上げるために
表紙のビラ&目次&結末&後書き読んでました(*'ω'*)

・・・初めは頑張ろうとするんだけど挫折しちゃうんです・・・εミ(ο_ _)ο

そんな私が 「読みやすそう」 と思えるくらいの見易さと分かりやすさと話しの流れの良さ
もし、ちょっとでも興味が出たら私がここに書く感想を読む前に自分で読んでみてくださいね

人に感想聞いてからだと、どうしても先入観っていうものにとらわれて
自分の自由な感情移入ができなくなっちゃいますから

|ω・。)・・・かなり沁みます。



それでは本を読んだ感想など((φ(・ω・*)かきかき♪

『人のセックスを笑うな』 山崎ナオコーラ (河出書房新社)
19歳のオレと39歳のユリ。歳の離れたふたりの危うい恋の行方は?
年上の女性との恋愛をまったく新しい文体で描いたせつなさ100%の恋愛小説。 全選考委員がその才能を絶賛した第41回文藝賞受賞作!

この本を読む前、こんな作品紹介文も目にしないまま
ネタになるかな?どんな本かな?と
もうタイトルだけで惹かれてましたw

それと 「受賞作品」 を読んだ経験があまりになかったので
「選ばれる作品」 とはどんなものなのか、真面目さんなだけなのか
そういった添削気分で読みはじめてたんです

主人公は美術の専門学校に通う男の子
そして登場する39歳のユリはその美術学校の講師であり50歳くらいの男性と既婚
そんな2人が恋に落ちたのか落ちてないのか
あやふやなまま2人は近づき身体を交わす関係になり
・・・最終的には会えない存在となる

主人公の男の子は20歳年上の既婚したユリに
「本気にならないようにしよう」
そんな冷静さがところどころに見えて、自分を言い聞かせてるように見えました
本気になってツライのは自分だ と

本の作者が主人公を 「オレ」 と紹介文で言っているだけあって
本を見てもそのときどきにユリ自身がどう思っていたかの記述は見られません
だからこそ
主人公の心の揺れみたいなものが上手く描かれてたんだと思います

この本を読み進めて少したった頃
んー・・・なんでこんな本が選ばれるんだろう?
その辺の本と何も変わらない
私にはそう思えました


その日は残業がないのが分かっていて
母さんに 「今日は早く帰れるからね^^♪」 と言って家を出てきたんです
本を読みながら読むことにはまりながら
時計を気にしてました

そうするとちょっと内容に入り込めなくて読み逃してる部分もあったり
だけどこの本は本気で読んでみたい
そう思わせてくれた本だったので
時間を気にするのをやめ、 「母さんごめんね」 と心の中で思いながら本を読み続けました
|ω・。)買わかなったのは前回の記事参照シテネ


自分のことを気にかけているユリからのモデルの誘い
2人っきりのアトリエ(ユリ所有のアパート)
1回目モデルのときの 何もないの? という気持ちの駆け引き

既婚しているユリが自分から身体を求めにくい
・・・誘って欲しいの
何も言わなくてもそんな女性心理がすごくうかがえる

笑いがなくても、どこかに一緒に行くことがなくても
2人でいることに幸せを感じているというか自分の居場所を見つけて安心してるような
ういういしさみたいなものは感じられないけれど
何かお互いに求めてはいるんだけどどこかキョリを置かなきゃと思おうとしているそんな不安定な関係が恋愛の深さを語ってるように見えました

タイトルに書かれた内容に触れる部分も多く
リアル描写はされてないけど・・・って、ちょこっとはあったかな?気にならない程度デシタ(´・ω・`)
主人公の男の子が既婚のユリに対して自分のテクニックは満足させられるものなのか
そんな悩みや思いを抱えてるのも何回かあったりして
若い男の子が性に対し良く悩むものを上手く表現してるのがまたにくかったデスw


最後まで読み終えて
強い爆風的な衝撃はまったくなかったんだけど
心の奥にずぅううんって響くものがあって
・・・響くっていうのも変かな
知らないうちに何か息苦しさを感じてました

読み終えた満足感と
主人公が最後に神様に願った 「どんな平凡なセックスをしてても笑わないであげて」 という言葉
↑覚えてる範囲だから言葉はちょっと違うと思う
セックスのテクニックにこだわってた自分の愚かさみたいなものかな?
主人公の強い後悔みたいなものを感じました
こだわってないでもっと心の底から 「愛する」 という行為をすれば良かったな、してあげたかったな
そんな切ない気持ちの声が聞こえてきそうでした

家に帰る電車の中でも息苦しさは治まらなくて
駅に着いて自転車で冷たい風に当てられたときに早く帰ろうという気持ちになって
それでちょっと息苦しさから解放されてみたんですが
家について
リビングで母親がコタツに入ってTVを見てるその背中を見て
ご飯を食べずに待っててくれたのを見て
それもまた心に響くものがありました

いつも残業してるから家族と食事することってほとんどないんですよね
だから 「今日は残業ないから早く帰れるよ」 って言った私の言葉をすごく楽しみにしてくれてたのが
嬉しいと言うよりもホントごめんねと
言葉にはしなかったけれども、明るくただいまと振舞いながら
目頭熱くなりそうでしたw



この本は
たぶん、読んだ人によっては 「なんだこんなものか」 と言えるようなものだと思います
この本を評価してたブログをいくつか回ったけど
買ってはみたけど、価値なかったよ と言っている人もいます
だけど、今まで恋愛で苦労というか、ちょっと駆け引き的な不安を抱えてきた人にとっては
すごく心に響くものだと思います

『せつない』 ってこういうことかと
その言葉を知ってる私でさえ改めて感じるところが大きかったです

恋をしちゃいけない相手との恋愛で見えるものとか
何かこれを読んで自分の過去や現在に思い当たるものがある人には
読む価値ありだと思います
((φ(・ω・*)ふむふむ程度で終わるものか、心に重く沁みるものになるかは
この本だけじゃなくどの本にも言えることだと思うのですが
読者の経験
つまりは読んでくれたときの読者の頭の中の世界によって
作品というのはすごく価値のあるものやつまらないものになるんだなと感じました



ボクは拘ってたけど
どんなセックスだって一生懸命なんだよ

それでいいじゃないか



本のタイトルが言おうとしてるのはこんな感じかな
みんなは読んでどう感じるんだろうね
人によってすごく見え方の違う作品だと思いました

|ω・。)ちなみに作者さんは26歳の女性らしいデス
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-29 00:53 | その他
東京出張行ってきました.。゚+.(・∀・)。+.゚
今日は1日東京の出張だけで終わりぃ~なんか贅沢だよね♪
会社に行かずに新幹線で日帰りの往復
リッチな気分満載デシタw

出張って行っても仕事をしに行ったわけじゃなくて
午前は研修、午後は講演
それぞれ2時間ずつの内容だったんだけど
朝7時ちょい前に家を出て、夜8時半過ぎに家に付くという無駄な時間も多かったけど
東京ではたった4時間の活動しか予定されてなかったから
途中のお昼休憩の長い時間とか喫茶店で本読んでたり(#´ー´)旦・・・いいわぁ☆
いつも〆切りに追われてばかりだから
たまにはこんなのんびりさんも悪くないよね♪


今日久々に東京駅に行って思ったこと
私やっぱあのレンガ造りの駅好きだ(*'▽'*)わぁ♪
風情があるっていうか、なんていうんだろ下町?んーちょっと違うかなw
趣があってイイヨネ(*'ω'*)
あと、駅前のロータリーっていうのかな道路がかなり広く余裕がある感じが好き♪
名駅ってどうもぐちゃっとした雰囲気があって
確かに車の数が半端じゃないのもあるんだけど
風情は・・・ないね(;´ω`)
なんて、そんなことを思いながら目的地まで歩いてました

午前中の研修は・・・内容が難しいのでヽ(・_・ヽ)その話は・・・(ノ-"-)ノ ポイッ
私としてはけっこうためになったから良い時間だったなって思ってます
|ω・。)ただ、ここに書くにはネタにならないし・・・ねw

午後の講演っていうのが
知ってる人いるかな?TVCMとかをチャンネル変えずに見る人なら分かるかも

Panasonic や National で有名な 「松下電器」 っていう会社が出してる
最近爆発的なヒットとなってる製品の開発ストーリーを聞かせてもらいに行ってたの
その製品っていうのが National 『 ななめドラム洗濯機 』

洗濯物を入れる部分が斜め30度くらいに傾いてる洗濯機なんだけど
業界では珍しいほどのヒット作品
赤字になってた松下電器を救ったほどの製品なの

私も今メーカーさんで企画・開発を担当させてもらってるから
こういうヒット商品の開発ストーリーっていうのは興味深々♪((((o・ω・)o)))
確かに難しい話をされて終わったらつまんないけど
けっこうこういう業界で色々業績上げてる人ってユニークだったり、気さくだったり
何かしら人として魅力ある人が多いから
そんな人の話を聞くのもまた楽しい

その洗濯機の開発責任者っていうのかな
主に担当してたのが
松下電器(参事) 藪さん っていう女性の方
既に結婚してて、子供もいて
ちょっと若く見えたけどどのくらいなんだろう・・・40は行ってるのかなぁ
髪が短く細め、女性らしい人だったぁ~
たぶん、一緒に製品開発を担当してた技術者さんたちは男の人だろうから
そんな人たちの中でも責任者さんやっててすごい人なんだろうなっていうのが伝わってくるような人

会社によって役職は違うけど、うちの会社で参事(←役職ね)って言えば部長さんクラス
おそらく、ナショナルの家電製品や生活用品関連は全てこの人が管理してるのではないか
と思うくらいの立場だと思う|ω・。)あくまで予想

この講演を聴きに来てた人も有名な会社の方々で
質問してた人だけでも
バンダイ、ライオン、花王、Brother、・・・全部知ってる名前(;´ω`)
一応誰でも参加っていうものじゃなくて、講演を企画した会社が招待した会社のみっぽい
私はホントは同じグループの主任さんが行くはずだったんだけど
急遽用事ができて
たまたま東京に行く予定になってた私も行かせてもらえたというラッキーな状況♪
ホントはまだまだ新人さんが行くにはもったいないとこだったんだろなと思う・・・

他の人の講演もあったりで、その女の人の講演はたった1時間だけだったんだけど
ホントに2時間、3時間くらい聞いたんじゃないかっていうくらいの充実した内容で
私も開発者として(〃 ' ')ほぉ~というとこがすっごく多かったです
しかも、話をしてくれた人が女性っていうとこでまた違った見方ができてたんかも
ああいう大きな会社で頑張ってる女の人って憧れるんですよね
カッコ゚+.゚Σd(・ω・*)゚+.゚イイっていうか素敵なんですよねとにかく♪

しかも、有名な会社の企画開発担当者50人くらいを目の前にしても
堂々たる態度でプレゼンテーションなんかしちゃってるもんだから
憧れずにいられないですよ
しかも、自社が自信を持って薦められる商品に関する発表ですからね
私も何年・・・何十年か先だったとしても
自分が考え出した作品を世に出して色んな講演とかしちゃう人になりたいな(〃ノωノ)あくまで希望w

講演の中では、どうしたらヒットになるような商品を作り出せる考えが生まれるのか とか
開発の中で何を大事にしていけばいいのか とか
わけわかんないことを言う上司に対する対処法とかw
さすが女性ならではの
仕事をする女性の時間のないところから生まれる 「使いたい商品」 の発想がやっぱり何よりも必要なんだなっていうのを感じました
使う側が使いたいものを、使って喜べるものを作る

万人にウケルものは難しいかもだけど
ホントに良い商品っていうのは高くても、誰にでも愛されるものになり得るんだなって

だけど、こんなにヒット商品を出したからってもう安全なわけじゃなくて
今回のナショナル製洗濯機は、東芝、三洋・・他にも競争企業がいるために
価格を下げたり、もっと新しいものを出していかないと生き残っていけない

そんな厳しい社会ではあるけど、それでも自分が考えた商品を一般家庭で普通に見るようになったら素敵だなぁって思います

私もユニーク&奇抜なアイデアで新しい風作ってみたいなって思いますヽ(・∀・。)ノ ゚+。
|ω・。)いつか出すからね♪うふ
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-27 22:06 | 日記
『オンラインゲーム』 というビジネス ~ 夢と現実 ~
知ってる人も何人かいるとは思うのですが
昨日から色んなボンバーマンオンラインギルドHP(ギルドHPじゃないやつもかな?)で
あるひとつの書き込みがなされてます

それは 『BO再開署名活動』

このブログを見てくれてる人たちの名前も数人( ・・・10人以上b )見つけました
既にハドソンに送られたのか、「書名1」 と 「署名2」 は今日は見ることができなかったのですが
昨日見ただけでも
ああ・・・みんなホントにボンバーマンオンラインを愛してた人ばかりだなっていうのが伝わってくる
そんな名文ばかりでした

ハドソンに送るということで、社会人の方々に送るものとしては
ふざけすぎてる内容じゃないかな?っていうのもあります
だけど、そんな文章でもみんなの 「気持ち」 がこもった素敵な文章だなと思って見てました


私もつい先ほど書き込みをしてきましたが
数分後には何件か書き込みが追加されてるほどアクセスが混んでます
昨日各HPの掲示板に書き込みがあって
今日までに書かれた再開希望署名の数々

さすがに昨日の今日で((φ(・ω・*)かきかき♪してる人たちなので
まだボンバーマンを忘れられずに数日に一回、毎日でもボンバ関連のHPを回っている人たちなんです
そういう人たちのカキコを見て、未だにボンバを忘れられずにいる人が多いことを改めて感じました
それだけのゲームだったんですよね

暇つぶしの道具なら別にどんなゲームでも
ボンバーマンオンラインに拘らなくても遊べればいいはず

だけど、1ヶ月経ってもみんなが忘れられずにいるのは
あそこで出会った 「みんなと遊べる場所」 「みんなと会える場所」 があの世界にしかないから
そうじゃないのかな なんて思います

確かにボンバーマン自体もかなり面白いものです
ですが、一緒に戦ってくれた萌えさせてくれたみんながいたからこそ楽しかったんだと思うんです
「みんな」 というのは友達じゃなくても
ボンバでしか会わないけど戦いたいと思える人全てです

『ボンバーマン』 がやりたいだけならコンピュータゲームでいいはずなんです
PS2でも、エミュでも・・・
だけど私たちはオンラインならではの面白さをあのBOで知ってしまった
今さらコンピュータ相手に萌えられないんですよね

会話も楽しかったです
戦いも面白かったです
出会えた人が素敵だったんです

だから忘れられないんです


リアルに戻るのに大きな決断がいるほどはまれるゲーム
正直、はまっていいのか、時間を費やしていてもいいのか
悩みます
ネットゲームがどんなに楽しくても面白くても
リアルの自分がやるべきことは出会うべき人は他にたくさんあるはずなんです
そう思うと
このままボンバーマンが復活しないほうがいいんじゃないか
そう考えてしまうほど自分じゃコントロールできないんですよね(;´ω`)

でも、それは自分の問題
ちゃんと自立できる人は自分を持って割り切れる人たち
私もやりながらやらなきゃならないことと戦って色んな思いをしてきました
それもまた素敵な試練でしたw

楽しかった というただのゲームだと思うには
あまりに素敵な時間を過ごせたゲームだったんです
今もこうやってボンバで出会った人と真面目な話もできる
ゲームという遊びの世界で出会ったみんなに 「人」 を感じてるんです

この署名活動がどれだけ影響を及ぼせるかは分からないけど
みんなの素敵な署名を見ていたら
『ハドソン』 という会社の目玉商品的ゲーム 『ボンバーマン』 に携わってきた人は
署名を見てなくても復活させたいと思ってくれてることだと思います
BO = オンラインボンバーマン は無いけれどもハドソンからボンバーマンが消えたわけじゃないですからね
おそらくBO担当部署も残っているはずだと思います
いつか復活を夢見て・・・




さて、ここまで復活して欲しいとか色々書いてはみたのですが
これはあくまで夢の話
『期待』 や 『希望』 といった 『叶うといいな』 という願いなんです

再開するための現実は決して簡単ではないです
それは、ハドソンが 『会社』 だから

私も今年会社に入って開発職について
夢を追いたいとは思っています
みんなが使いやすいもの、感動するもの、健康に良いもの
何か 『良さ』 を求めて惜しみなく限りない追求をしたいと思ってるんです

ですが、現実はそんなに優しくないんです
私が 『こういう考えでやりたいんです』 と言っても上司の人から許可がでないんですよね
それは

「利益を生まない」 から

私はこの考えを初めて感じたとき
ああ・・・この会社の使う人のためにとか言いながら結局はそこなのか と減滅しました
『お客様の満足を1に考え努力を惜しまない』 素敵な会社だと思って入ったんです

結局は 「顧客満足」 よりも 「利益重視」 なのか と

そう感じたとき
「こんな会社にいても面白いのかな」 とこの会社にいる自分を嫌に思ったりしました


だけど
違ったんです

利益重視ではなく、顧客満足を追求したいための利益だったんです
会社はボランティアでは生き残れません
生き残れなければ何も提供できません
『魅力 = 夢』 だけではダメなんです
『実績 = 利益』 が必要なんです

実績を得られて初めて夢を追うことができるんです
だから企業というのはどんな形であれ利益を得るからこそ何事も行っていけるんです

このブログも 「無料」 じゃないか
無料でもちゃんとこんな素敵なサービスしてるじゃないか そう思う人
このブログにもちゃんと 「会社にとっての利益」 が生まれてるんです

ブログというサービスは
使う人がホントに自由に何をしても良いことになっています
日記や雑記を書いたり、リンクを持ってきたり、小説を書いていたり、ナイショな話をしていたり・・・
そのブログには色んな情報が込められています

私がこうやって書きまくってきた内容も
書いたのは私なんですが
それは事実なんですが

「著作権」 は私には存在していません

全てブログを管理している企業のものなのです
それが約束されているのがブログなのです
エキサイトブログであろうが、他のブログであろうが 全ての記事の著作権は企業にあります
つまり無料のブログを提供している企業は
『情報』 という 『価値の高い利益』 を得ているんです

そうやってどんな形であれ利益を得るからこそ成り立つのが会社なんです



ハドソンがボンバーマンオンラインのサービスを停止した理由が
ハドソンの赤字だというのは有名な話です
どんなに面白く、みんなに好かれる愛されるゲームを作れる技術があっても
利益がないと会社は生き残れない
つまり、ゲームも作れないんですよね

ハンゲやメイポをしていて思ったのは
人にお金を使わせるのが上手いなということ
一時期課金されたパンヤが無料サービスに戻した理由
それがボンバーマンオンラインが課金された形で運営されない理由に似た部分があるんじゃないかな

他の課金されたゲームを知らないので間違ったことを言ってるかもしれないけど
毎月課金される形で運営されているゲームってどうなんだろうって思います
ハンゲやメイポが上手いなと思ったのは

誰でも気軽に遊ぶことができる

すごく重要なことだと思います
やってみないと、面白いかわからない
私たちはボンバーマンオンラインというゲームを、その楽しさを知っているから課金でも遊べると思います
ですが、私たちだけでは足りないんです
もっともっと多くの人が参加してくれないと足りないんです

そう考えたときに
やってもいないゲーム 課金できますか?

メイポやハンゲは遊ぶだけならお金がいらないんです
0円から始められる 無料だから遊ぶという人はやはり多いです
どんなにボンバーマンの楽しさを知っていても、「無料なら」 と思う人もいます

しかも、問題なのが 『毎月の課金』
他のゲームを知らないのでなんともですが・・・毎月ちゃんと払えます?
高校生以下はカード払いができません
コンビニへ行ったり、振込みをしたり
どうしても 『面倒な行為』 が必要になってくるんです
そう考えたときに
初めはやっていたけどやめちゃった・・・って人も増えてくるかもなんです

あと、現実に戻りたいと思っている人
ただ、デスクトップにあるアイコンをクリックするだけで遊べなくなったときには
誘惑に負けるためには
「お金を払う」 という 「1ステップ」 が入り込んできます
止まりたい人は止まりやすくなってます

誰でも気軽に遊べてそれでお金を集めるためには・・・
お金を使いたい人に自主的にたくさん使わせるのが良いんですよね
友達でハンゲのガチャガチャに何十万っていう大金使った人がいますw
(見てないよね・・・...A;゚∇゚)/w

人が使ってると自分も使いたくなるという不思議な現象
友達が髪型を変えたっていうと私も何かしたくなったりします
そういうみんなの興味を引いて
楽しく遊べて & みんなが遊べて & 利益も得る

たまにハンゲで間違い探しとかアイテム使ってる人を見ると
そこまでして勝ちたいかぁ??(;´ω`)って思います
ボンバでアイテムにお金をかけるタイプがあると
実力勝負にならないので面白さがすごくなくなってしまいます
かと言って、衣装にお金をかけると言っても
おぱで見かけたほとんどの人が 「ノーマルキャラ」
つまりシンプルであればシンプルなほうが好まれてたんです

だから、
ボンバーマンというアクションゲームで利益を生むのは難しいだろうなと正直思っています
毎月の課金にしても
自主的に何かを買わせるにしても

どちらでもホントに成功するのだろうか?
利益を信じて運営するにはあまりにも危険な賭けではないだろうか と


それでもボンバーマンオンラインの復活を望んでいる人がすごく多いのは確かなんです
私も、みんなも忘れてないんです

ハドソンのボンバーマンに対する思い
そして私たちの願い

今回の署名でのみんなの熱い気持ちを見て
ボンバーマンオンラインに関わっていた人たちが何か 『賭けてみたいな』 と思ってくれたらいいなと思います
ゲーム会社に勤めた人たちが
その会社に勤めたいと思った頃の夢を追いかけていた気持ち
今も持っているはずなんです


いきなりな終了ではあったけど
ちょっとどんな形の利益を追求したら人が集まるのか
それこそ、β版とかじゃなく
『有料方法のお試し期間』 として再開してもらいたいなと思ってみたりしました

私も一開発者として夢を追い続けたいので
ゲーム会社で働く方々にも夢のために頑張ってもらいたいと願うばかりです
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-26 23:08 | 櫻の語りまくり
ネタのつもりで読み始めた本にやられちゃいました
今日は出張で残業なしで早く帰るはずだったんですが
ふっと駅での乗り換え時に思い出したのが昨日残業で本屋に行けずに逃してた
心さん推薦の 『夜回り先生』

心さんから聞くまでその本の存在は知らなかったんだけど
そんなにオススメなら読んでおかないと!っていう一品だと思いさっそく本屋へ直行


社会人になって新しく増えた趣味のひとつ 『読書』

読書って言っても堅苦しいものを読むんじゃなくて
何か感心できたり感動があったり これ良いな って思えるもの限定ね

その良いなっていうのは本のタイトルや表紙を見ただけじゃわからなくて
『本屋が薦めるオススメの本!』 って目立つところに並べられてるのに目がいく
見てるとどれも面白そう

社会人になってお金に余裕ができたからか
最近は 『欲しいっ!』 って思ったものに躊躇なくお金を出してる私
ちょっとでも考えてどうしようかな?って思ったものには手は出さないけど
これはいいっ!!という直感を信じれるものには惜しまずレジへレッツ━━━o(・∀・)○━━━ゴー!!

今日も本屋のオススメコーナーには
ああ・・あれもいい、これもいい、みんないぃぃいいいいい状態
実は買おうかなと思ったもの10冊くらいありました(〃ノωノ)b

だけど、今日の目的はまずは心さんオススメの 『夜回り先生』
目的にたどり着く前にエサを見せられ迷路の途中で立ち止まった私
(。・ω・) ハッ!っと夜回り先生を思い出し店の中を探そうとする

お店の中には便利なものがあるんですよね
今日行った本屋・・・というか私の通いの本屋かな
残業が無いときはこの本屋へ足しげく通っております(*'ω'*)
とは言うものの残業ない日なんて1ヶ月に何日あるんだか・・・_n○

その私が通う 『三省堂書店』
お店の中にある検索機で本のタイトル入れればどこにあるかがぽんっと出てくる
さっそく((φ(・ω・*)ぽちぽち

『 よ ま わ り せ ん せ い 』

これで良かったのかな?とも思いつつ 検索ボタンを_ρ( ̄  ̄*)ぽち♪
検索結果は7件
6件は1400円前後の本、1件は238円
238円のは違うかなぁと思いつつ1400円前後の本がどこにあるかを検索

いくつかタイトルがありました
『夜回り先生』
『夜回り先生の卒業証書』
『夜回り先生と夜眠れない子供たち』
・・・

心さんが言ってたのはどれだろうと
何も知らない私はとりあえず 『夜回り先生』 を検索
すっごいオススメの本だと言うのに
検索結果 『在庫0』
あら・・・(´・ω・`)

ちょっと気になる上に書いた2つの本も検索
検索結果 『教育401 在庫5』
キタ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!!!
その瞬間どんな内容の本なのかと((((o・ω・)o))) ドキドキ♪ しながら置いてある場所までいきました

本の表紙にはしぶいおじさんの写真
卒業証書も夜眠れない子供たちも両方ともありました
初めに手にしたのが 『夜回り先生の卒業証書』
まだ読んだことないのにいきなり卒業見ちゃっていいのかなとも思いつつ中を拝見

ですます調で丁寧にしみじみと書いてるような雰囲気が漂ってきました
ちょこっと読んだだけでも ぁぁ興味ありそう そう思わせる文面
これは買おう うん。・・・ 即行で決定

次に目にしたのが 『夜回り先生と夜眠れない子供たち』
おそらくこの本を読めば夜回り先生がどんな人か分かるであろう そんな本
こっちは卒業証書のときとは違ってまったく 『ですます調』 ではない

各1400円
同じ作者が書いた2つの本の書き方の違いにも惹かれ
両方即買い

この2つの本は家に帰ってゆっくり読もう
本を手にしてレジに向えば良かったものの途中で立ち止まったエサの場所へ戻る
戻った理由は本を買うため

夜回り先生を見る前に気になった本を見つけてしまった私
ちょこっと目を通してしまってたんです

『「電車男」は誰なのか "ネタ化"するコミュニケーション』

本についてるビラには 『すべてこの世はネタである!?』 と書かれてる
こんなに興味を惹かれちゃ見ないわけにはいかないですよね
すぐさま内容を確認

『電車男』 ・・・今世紀最大の純愛ストーリー
そうまで言われたこの本
私のブログでも電車男を載せているサイトを紹介したりリンクしたりで
さすがにこの名前を知らない人はもういないのではないか?と言うもの

その物語は実は本に書かれていた内容で終わっているわけではなく
電車男自身が書き込んだと思われる
消し去られた1日によって噂が立っているんです

あれは



『フィクションだ』 と


フィクション ・・・ つまりは作り話
その 『電車男は誰なのか』 という本に書いてある内容は
非常に興味深いものであり
立ち読んで終わりにするにはもったいないというか
もうちょっとじっくり読みたい
そう思わせるくらいの真剣さがありました

こちら 1000円 ・・・ 即買い決定


この3つの本は買うことを決めてはいたのですが
まだまだ見たいと思う本が山のように目の前にあるんです
癒しもの、純愛もの、泣けるもの、感動もの

そうやって心に訴える本ばかりが目の前にあって
それを読まずに見逃すのももったいないと手に取ってはペラペラ・・・

そこでひとつの本を見つけました
第42回 芥川賞候補作であり、第41回 文藝賞受賞作

本のタイトルは
『人のセックスを笑うな』 (山崎 ナオコーラ著)


文藝賞や芥川賞ってお堅いイメージがあったから
それでセックスという単語があっても賞に選ばれるくらいの作品
気にならないわけないですよね?

本の中身を見ると意外に大きな活字
これは読みやすそうと((φ(・ω・*)ふむふむ
どんな本か検証してみました


最終的にはすっごく心を持っていかれた本だったので
買う価値はあったとは思うのですが
他にも2冊どうしても買いたいのがあってすでに計5冊・・・6000円ちょい

ちょっとその最後に手に取った本は買わずに読んだのですが
その感想はまた後ほど・・・
|ω・。)長くなったのでこの辺で♪
次回楽しみにしてくれる人は待っててください(*'ω'*)

ちなみに今回のブログタイトル ネタのつもりっていうのはこの受賞作のことね
その前の電車男でもネタ話があったから
受賞作のエロものときたらネタになると読み始めた・・・というわけです

それではまた次回お会いしましょう☆
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-25 21:45 | その他
今年社会人になって今までの人生で初めて電車で通ってる櫻デス(*'ω'*)

保育園、小学校、中学校、高校・・大学
どれも電車通学っていうものを経験したことなくて
駅前にあった予備校でさえ自転車で通ってたなぁ~と

部活で鍛えた足で自転車飛ばしに飛ばしまくって30分
1年間それで予備校通いましたよー...( = =)ナツカシイw
駅前にある予備校だから初めは電車通学しようと思ったんです
だけど私には(;´ω`)ムリダッタンデス

毎朝毎朝・・・車掌さんに背中押されても乗れない
扉閉められなくて 『次の電車にしてください扉閉めまーす』 の声
それで何本見逃したことか( ´ー`)フゥー...
そんな経験があったために電車で通うってあまり好きじゃなかったんですよね


でも会社に行くのに電車嫌だとか言ってられないし
車で通おうものなら毎朝2時間前には家出ないと(≧∇≦)キャー♪
朝の貴重な睡眠時間取っちゃ(*'ω'*)ぃゃん♪

自転車・・・え・・・まさかですよね?(・∀・)


どちらにしても混むのは主要駅までの道のり
日本3大都市のひとつの駅だから混みますよ┳┳~旦(´ω`*)うんうん。
|ω・。)3大に入ってない?実は・・・なんて思ってみたり
主要な駅さえすぎれば普通に本だって読めちゃうから慣れれば悪くないなと思えたとこです


で、電車毎日乗ってて思うことが
『車掌さんの声』

何年か前に山手線の歌(タイトル忘れちゃった)が流行ってたけど
『次は秋葉原あきはばらぁ~』 みたいに車掌さんの声で歌ってたやつね♪(;´ω`)知らないかな

毎日聞いてて車掌さんって同じ時間に電車乗っても違う人だったりするんですが
だいたい決まって同じリズム?何て言うんだろ
『車掌さん口調』 なんですよね

たまぁ~に新幹線の車掌さんみたいな素敵な声の人がいたりすると
声だけでリッチな気分になってりしてます(〃ノωノ)ww
男の人って年代に関係なくその車掌さん口調をしてたりするんだけど
最近多くなってきた女の車掌さん
特に特徴もなく普通なんですよね

あれって語尾をちゃんと発音するためとかそういう何かしらの理由があって
ああいう口調になってるかと思ってたけど
そうでもないのかな?なんて

男の人でああいう発音の仕方してる人が多いのは
車掌さんっていう職業への憧れなのかな?あれも
ああやってしゃべってみたいとかそんな思いから練習したりしてるのかも
一概に全員がああいう話し方ってわけでもないんだけど
私もやっぱり車掌さんのあの話し方は好きだったりします(*'ω'*)

たまに列車の最後尾に乗ったりすると車掌さんの顔見えたりしますよね?
声だけ聞いてて
この人も良い声~.....ヾ( 〃∇〃)ツ って思ったときに
背の高いすらっとしてるけどちょっとがっちりなお兄さん(おじさんも可)かな?なんてイメージが私の中で勝手にあったりするんですが
あら?(・∀・)
って言う人もけっこういます

そもそも何で声だけでイメージって沸くんだろ
私だけかなぁ?とも思うんですが
ちょっと不思議な今日この頃

声優さんとかっていくつも声だしたりして
おばちゃんなのにカッコ゚+.゚Σd(・ω・*)゚+.゚イイ男の子の声とか
おじさんなのにヵヮ。゚+.(*'∇'*)゚+.゚ィィ!!!女の子の声とか
全くもってわかりません(・∀・)
たまにTVで声の収録風景とか見ると━Σ(〃▽〃 )━!!モノデスw

でも、誰だってああいう仕事って憧れた時期ってありますよね?
なりたいとかじゃなくてちょっと興味を持ったっていう程度でも
人って実はいろんな声出せるのかなぁ~とか
ちょっと考えたりしてるんです


カラオケで歌うとね
『いつもそんな声しててやぁ~』 なんて言われたりするんですよね
バラードの聴かせる曲を歌ってたんですが
会社の同期との初めてのカラオケだったものだから
あまりの声の違いに驚いてたみたいです

色っぽかったのかしら?(〃ノωノ)w

私って自分では自分の声をちょっと落ち着いた低めだと思ってるんですが
声って自分で聞こえるのと人が聞いてるのって違うんですよね
電話でも何でも録音して自分の声聞くとびっくりですよw

初めて聞いたときはエェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜って思いました
自分のその録音した声を母さんに聞かせて確認したくらいです

何て言うんだろ・・・
(;゚ω゚)ァ.... 恥ずかしいのでナイショ(〃ノωノ)w


でも、歌ってるときとかあと電話のときもかな
小学生の頃から 『お母さんかと思った~』 っていう声をしてたみたいで
ちょっとした気分の違いでも声って変わるものなんかな
気を抜いてるときって言ったら変だけど
ちょっと良い声出そうとしてるときは良い声が出るみたいです(*'ω'*)


色んな人を見てきて声だけ聞いてきた人や何回も会ってるのに全く声聞いてなかった人
片方から入った人ってけっこうギャップがあって面白いですよね
面白いって言ったら失礼かもなんだけど
変っていう面白さじゃなくてギャップが楽しめるっていうか
その意外性がまたいいなって思ったりするんです

うちの会社にちょっと有名なおじさんがいて
頭はパンチパーマでお昼休憩に食堂でしか見ない人なんだけど
食堂へ行く途中のエレベーターでなぜか良く会う人なんですよね
社員さんの人数って半端じゃないんですが
同時に4台動いてるエレベーターを何回か乗れなくて見逃しても会うという不思議な人なんです
あまりに印象が強くてたまに一緒になってるだけなのに良く会うと思い込んでるだけかもですけどw

その人の何が有名かっていうのは
なぜか突然
『くるっ』 と回るんです

目の前スタタタタ って歩いてるかと思ったら 『くるっ』
ぶつかるしぃいいい━Σ(〃▽〃 )━!!
食堂でメニューに悩んだのか
何かを取ろうとして並んでたはずなのに 『くるっ』 って Uターン するんです(;´ω`)
・・・ちょっと迷惑なおじさんなんです(・∀・)

社内で誰もが知ってる 『回る人』
その人背もそんな高くないし、体系もちょこっとだけ丸めでパンチマーマな雰囲気から
ちょっとダミ声してるんかな?
誰も声聞いたことなくてわかんなかったんです

それがある日のエレベーター内
めちゃめちゃ話しまくってたんですその人が
いつも一緒に食事するお姉さんたちとみんなで ・・・ ( ・ ・ )目が点

会社に4年くらいいるお姉さんでさえ今まで声を聞いた印象がなかったらしく
あまりにその人の 『キレイな声』 にびっくりしちゃいました
澄んだ声って言ったらいいかな
(〃 ' ')ほぉ~そんな声してたのね って感じデシタ

その日から何気に私の中のその人の印象が変わってますw


ふっと聞こえる声が似てたり、似てそうなのに全く違ったり
色んな人と知り合うと色んな声が聞けてそれもまた楽しかったりします

女の人でも え?(・▽・;) ってくらいカワイイ声(幼そうって意味ね)してたり低い声してたり
声も特徴があって素敵な声してる人ってちょっと惹かれますね
男でも女でもどの声がいいっていうのはないんだろうけど自分が゚+.゚Σd(・ω・*)゚+.゚イイって思えるのに出会えたら嬉しくなっちゃいます

男の人の渋い声ステキです(〃ノωノ)

でも高い声も悪くなかったりw
どれがいいってわけじゃないけどちょっと特徴があるとそれだけで興味を惹くことは確かですね

普段の声は普通っぽいので私はカラオケで意外性を出しますよ(*'ω'*)b
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-24 23:48 | 日記
人生の師、心の師と思える存在に気付く力
昨日書くこと決まってたのに先日の1日2回投稿で満足寝してしまった櫻デス(*'ω'*)

その書きたかったことというのが
こぶのブログ 『雑学との出会い~エピソード②~』 での一言
「ほんまや!!先生、めちゃめちゃええことゆーやん!」
私が書いた 『櫻ブログ★SmileHeart★』 への想い(続) でのしんのコメント
「櫻はなんていうか、こういう先生がいたらいいなっておもう」

こぶの記事を読んで
『ぁぁ・・こぶはすごく素敵な人に出会ったから今の素敵なこぶになってるんだな』
『こういう先生っていいなぁ~』 って思いました


ぺちょブログとのトラックバックで語ってきた
「全ての結果は自分が生んだもの」
どんな経験をして、どんな考えをしてきたかによって人というのは十人十色まったく違うものになる
その 『経験』 のひとつとして、自分がどんな影響を受けて過ごしてきたかというのが非常に大きな 『違い』 を生むのだと思うんです

私はこぶの記事を読んで、・・・私にもこういう先生がいたかな?と考えてみました
『(〃 ' ')ほぉ~』 『その考え方すごぉぉおおおおおい』 と思わせる雑学の持ち主
『そんな先生みたいな考えが出来る人になりたいっ!!』 と思うような人物
思い返しても自分にとって 「この人だっ!」 と思える存在の人は出てきませんでした


私って・・・こういう経験してなかったっけ?
何度も何度も考えました

こぶみたいな先生には会ったことがないのに、それでもしんからこんな先生がいたらいいなと思われるような考え方ができる
それってどうやって身に付けたんだろう と

確かにこぶのように
『勉強は、これからの人生を楽しむための大切なルールなんやで』
そんなふうに教えてくれた人はいなかったです

私も同じようにもっと若い頃にそんなことを聞けていたら
自分の人生違ったものになれてたかもなって思うんです
すごく素敵ですよね?
自分が 『嫌だ嫌だ、こんなのやって意味があるの?』 と思いまくっていたものが
先生のたった一言で全て 『意味あるもの』 になるんですから

私はどんなことも考え方の違いだと思っています
自分がそれに価値を見出せるかどうかは自分次第だと思うんです

たとえば Aさん Bさん Cさん がいて同じ境遇の中で同じ時間を過ごしたとします
テスト前にゲームしちゃったとしましょうか
Aさん: ぅあああやっちゃったぁあーーもう明日のテストダメだぁ遊んだ俺ってなんてダメなんだぁああ
Bさん: 遊んじゃったけど、楽しかったし気分転換にはなった うん。今からちょっとやってテストガンバロ
Cさん: あ~楽しかった♪あ・・明日テストだ・・・まぁいっかぁ~

簡単な例なので伝えたいことちゃんと伝わらないかもだけど
同じようにテスト前にゲームをしてしまった3人
同じ経験をしたのにも関わらず考えることが違うんです
それによって気分も違えばその後も違う

同じ経験をしても 『何を思い、何を感じ、何を考えるか』 それによって 『違い』 が生まれるんです

どんな結果を生むか
同じ時間を同じようにすごしても同じ人にならないのはそういった違いがあるからじゃないかな?
なんであいつだけ・・同じことしてるのに・・
そういった 『見える範囲での同じ』 があったとしても 『見えない範囲の違い』 があるもんだと私はそう思っています

それが 『違い』 であり 『価値を生む力』 だと思います

確かに、私にはこぶのような直接に 「この人だっ!」 と思える人はいないんですが
私はそうやって 『師』 と呼べる人がいなくても
人から、雑誌から、TV番組から、ニュースやドラマや小説や・・・
そういったもの全てから自分が変われるものって得てきたなと思うんです

そう考えたときに 「人生を楽しむためのルールだ」 とそこまで教えてくれた存在ではなかったけれど
1人の人が私の頭に浮かびました

それは予備校の数学の先生です


浪人時代 河合塾に通っていたときに
『理系医学系クラス』 で授業を取っていた時のことです
塾には 「人気先生」 っていうのがいるんです
この先生の授業は 分かりやすくていい、ためになっていい、丁寧に教えてくれる
色んな要素があって 「人気先生」 には人が集まります

集まると言っても自分の時間割に当てはめられた先生が他にちゃんといるわけで
人気先生の授業に当たった人は羨ましいなと思うだけで自分が選べるものではなかったんです
だけど、誰だって 「予備校 = 受験 = 自分の人生」 がかかってる大きな時間には
最善な時間を用意してあげたいですよね
そう思ったら自分の先生よりもその 「人気先生」 にお忍びで授業を受けたいと思うのが普通

私も行きましたその人気先生の授業へ
確かに丁寧で黒板もちゃんと書いてくれて、なぜそういう結果を導けるのかという理由を教えてくれる
真面目風なその教え方は塾からも信頼が厚いんだろうな というのが分かるそんな先生でした

ですが、
数回その先生の授業を受けて、私はその人気先生の授業取るのを辞めました
他の人たちは人気先生の授業の席が取れずに立ってまで受けてる人もいたくらいですが
私は始めから自分に用意された数学の先生の授業へ戻ったんです
人気先生に受講生を取られたその授業はかなり人数が淋しく
広い教室は人気先生に取られ、狭い教室の授業でした

だけど私はその先生の授業が好きだったんです

その先生の教え方は裏技っていうわけじゃないんだけど
難しい問題なのに難しさを感じさせない
゚+.(ノ゚ω゚)ノ゚+.゚オォォォォォ!???そんな考え方があるのかぁあああ~
その授業には私なりの 『感動』 がありました
先生が私に教えてくれたことは数学の解き方だけだったけれど
私が学んだことは
難しい問題を難しく教えるのは簡単
難しい問題をいかに簡単に教えるかが難しい
ということでした
これはきっと、人気先生の授業も受けてないと分からなかったことですね
同じ問題を解いてくれた2人の先生を見たからこそ
『伝え方によってこうも違いが生まれる』 ということがわかったんです

この私が好きな先生は確かに数学しか教えてくれませんでした
だけど、
私が感じたこと、考えたこと
それは数学ではなく 『考え方の違い』
このとき感じた 『感動』 が今の私につながっているんだと
自分を大きく変えるほどの影響を与えてくれたこの先生の存在は忘れていません


私のこの先生の場合は
『こういう考え方がすごいんだぞ』 っていうのを教えてくれたわけではありません
私がただ数学の解き方として((φ(・ω・*)ほぅほぅ と感じただけでは分からなかったことだと思います
そして、人気先生の授業を受け続けていたら分からなかったことです
みんなが良いというものよりも自分が惹かれたものを選んでいたから得られたものって大きいです

人生の師、心の師というのは
そんな自分の周りで起こる些細なこと、小さなことの中にあるのかもしれないですよ
何を 『自分の師』 だと感じるか
それによって大きな違いが生まれるものだと思ったりしてます

もし、『勉強は、これからの人生を楽しむための大切なルールなんやで』 と言われても
そんなん分かってるけど嫌なもんは嫌なんや
そう思ってしまうだけだったら
感動もありがたみも何もありませんよね

何か自分の周りの起こったことをどう感じるか
人はこうやって、そのときの感じ方によって違う人になっていくんだと思います

私のブログを長いからと読まない人もいれば感心して読んでくれる人もいる
人というのは同じ出来事が周りに起こっていても違う行動を取るものなんです

どっちが良いとは言えません
それが個性であり、自分らしさを生むものだと思います



私がこうやってみんなに語りに入っているのも
全て私の経験からです
『ぺちょのブログが面白いのはぺちょの経験値からなる』 と自信を持って言っているように
どんなものを出していくかというのはその人がどんな経験をしてきたかが影響してるんですよね

私にはこうやって色々説いてくれた存在が周りにいたわけでもないです
こんな考え方素敵だなと思えるような人生の師と言える存在もいないです
だけど
私がこうやってこんな先生いたらいいな と思われるようなブログが書けているのは
今まで色んな人と接してきて
不安や悩みを抱えている人に 『何かしてあげたい』 『何かできることないかな』 『こうしたらどう?』
そういう自分ができることを何かしてあげたいという思いから
色んな人の相談を受けてきたり、悩んでそうな人に勝手にアドバイスしたり
お節介な部分が多かったのも否めないです
だけどその中で
ちょこっとだけでも考え方が変わって相手の人が前向きに何か変わった様子を見せてくれると
すごくすごく嬉しかったんです

それが私の経験であり、個性なんです
だからこういうブログになってるんだと思うんです


しんがコメントを書いてくれたのを見て思い出したことがあります
私、先生になるなら小学校の先生になろうと思ってたことがあったんです
それは自分が何かをして変わっていく姿を一番見れる時期だから
間違っていること、悩んでいること
色んな経験をしてその人の人格形成に大きな影響を与える大切な時期

でも、小学生じゃなくてもいいなと思ったのが
家庭教師をしてからです
小学生、中学生、高校生・・・全ての受験生を教えてきました
生徒は全部で6年間で8人
色んな生徒がいました
悩みや不安を素直に打ち明けてくれる子、悩んでそうなのに何も言わない子
色んなタイプの子と接してきたからこそ
何も言わない子の不安も気付いてあげられる気遣ってあげられる人になれたのかなと思います

こぶの先生が 『勉強は、これからの人生を楽しむための大切なルールなんやで』 と言ったのは
きっと誰かに言われたから気付いたことではないと思うんです
悩みを抱えた生徒を見てきて自分がその生徒たちにしてあげられること
そう思ったときに
その悩んだ生徒たちを救うために出したひとつの答えがその言葉だったと思うんです

私も、そしてこぶの先生も
教える立場、誰かを救おうとする立場から出した考えで初めて
自分でも良いなと思うような考えを出せたりするんですよね

そういう家庭教師を通して、相談をしてくれた人を通して、今のブログを通して
私も成長させてもらってるんです


何をどう感じるかによって
自分を変えてくれるものは自分の周りにいくらでもあると思うんです
学校の先生、教え子、友達、家族、恋人、ゲーム、TV、本・・・
自分に影響を与えてくれるものは全て 『師』 です
大事なのは 『師』 と思える存在に気付けるかどうか
与えてくれたものの大きさに気付けるかどうか

そうやって教えてくれる立場の人がいないから・・というのではなく
それに気付ける自分がいるか
それが大事だと思います

分かりにくい説明やどうしても反抗的になりたくなるような言い方をされたとしても
その中にも何かあるはずなんです
私もバイト始めたときの店長の考え方は理解できませんでしたw
だけどそういうものも分かってくるとすごいなって思えるんです
分かりやすく教えてもらわなくても気付ける力があれば
何だって素敵な自分に変えてくれるものになるはずですよ

゚+.(ノ゚ω゚)ノ゚+.゚オォォォォォ!という感動が出来る人でいたいですね




私が((φ(・ω・*)かきかき♪してるとこでのコメントで良い言葉見つけちゃいました
心さん:
無意味⇒意味ある事になるかもしれないんだから、何事もチャレンジして損はないんじゃないかな。
幾つもの未来が自分には待っている。その時、自分の力になるのは過去の経験量。
だから自分にとって無意味な事でも、自分の経験の一つとして取り込みたい
ヴぁー:
無駄もパーソナリティ

前回の記事でのコメントです
こうやって私も誰かが書いてくれたものから色々吸収させてもらってます
(* ̄- ̄)ふ~ん・・・と流しただけでは得られなかったものが
こうやってちょっと目を留めて感心するだけで違うものになるんですよ^^

だからこそ本気の語りがやめられないんです(ノ´∀`*)
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-23 13:30 | 櫻の語りまくり
『櫻ブログ★SmileHeart★』 への想い(続) ぺちょブログのトラックバック
つい15分前に訂正をかねた記事(『櫻ブログ★SmileHeart★』 への想い)を書き終わったとこに
ぺちょのコメントがありました
そのコメント見てかぶった内容が気になり即行で ダッシュ!≡≡≡ヘ(* - -)ノ 【ぺちょブログ】
それが ⇒ すべての事象は結果とプロセス

そこにコメント((φ(・ω・*)かきかき♪してたら・・・
長くなっちゃったんです(ノ´∀`*)

と言うわけでブログ1ヶ月記念も合わせて今日は記事2個書いちゃうぞ♪(*'▽'*)
もう1個のほうがメインですw
両方読んでくれるならメインのほう先に読んでからこっち読んでね^^


私がブログ書き終わったのが1:11 ちょこちょこ書き直してて最終的に書き終わったのがぺちょがコメントくれるほんのちょこっと前だと思う
同じ時間に同じこと考えてたのねっ♪(*-ω-人・ω・*)
私はゲームでも何でも
それをしたからこそ今の自分があると思ってる
その何をしたかっていうのを後悔する人は今の自分に納得できてないからだろうし
私は今の自分をキライじゃないから
今までやってきたこと全てが自分の大切なものになってるって思ってる

キライじゃないとは言え、納得してるわけじゃないよ
ボンバーマンっていうゲームしてない時間にできたこときっといっぱいいっぱいあったと思う
ファースト、セカンド、サード・・・全部のIDの総試合時間だっけ?
当時はハドソンのオフィシャルサイトでわかったよね
自分が何時間プレイしたかっていうのが

あれ、大学にいる頃にみんなと計算したことがあるの
全部のIDの全部の時間を足して
「秒」 で表示された数字を時間に直して
それで何ヶ月だったかな・・・w
毎日24時間やったとしてっていう計算をして数日じゃなかったように思う

しかも、あれって戦った時間のみなのよね
だからログイン時間を示しているわけじゃないから
私みたいにロビーで青しまくってたり、部屋にいても話してたりした人にとっては
それ以上
2倍・・いや、3倍くらいはあるかもしれないねw

それだけの時間
もし、ボンバーマンをしてなかったら?
そう考えたら何だってできてそうな気になりそうじゃない?

だけどね逆に
ボンバーマンをしてなかったことによって
今の自分にあるもので得られなかったもの きっとたくさんあると思う

こうやって今私がブログを書いてるのも
ボンバーマンをしていたから
そして、そのボンバーマンが終了したから

全ての事象が自分の今につながってるのよね


今やってることをダメだダメだとしか思わないのもったいないよ
すべてを真面目さんのように何事も考えずに受け入れるのも面白くないけど
その人にとってはやってきたという結果が残る
考えてなくても自分に身についてるものがあるんだよね

そして逆にそんなのやりたくないよと反抗的になってきた人
何事も切り捨てるだけじゃなくて
切り捨てたからこそ得られるものにも注目していかないと
意味ある自分になれないぞ♪

それこそ、『後悔』 という文字で終わってしまう

なぜやろうと思ったのか、なぜやめようと思ったのか
毎回そんなこと考えてたら疲れちゃうし何もできなくなっちゃうから考えなくていいよ

ただね、
あのときあんなことしてたからいけないんだぁあああああなんて思う人
今の自分そんなにキライ?
イイトコないの?
過去の過ちを振り返ってるだけじゃ何も進まないよ

今の自分は過去の自分の行いによる産物
そして未来の自分は今の自分の行いによる産物

真面目さんが選ぶ A
遊び好きさんが選ぶ B

どっちを選んだかによって違う道を進むことになるけど
私は必ずしも一般的に良しとされるものが正しいとは思わない

自分で選んで納得してるならいいじゃない
私は遊んできた自分も好きよ♪
そこで得られた仲間や考え方っていう素敵な宝物を得られたからね
ボンバーマンしてなかったら
真面目さんなつまんない自分を作り上げちゃってたかもしれない
どっちを良しとするかは自分が決めることよ☆

それでも昔からゲーム好きは好きだったから
ボンバーマンをしてなくても他のことをしてて
同じ道に進めていたかもしれない
それは過去の自分ももっと前の自分の行いによる産物だから
急に真面目さんになろうとしてもできないのよ
徐々にそっちがいいなと思って進むからこそ歩める道


どんな自分になるかはこれからのみんな次第だぞ♪
私は誰もが良しとするものに普通に進むだけじゃつまらないとさえ思っているので
どう思うかによって
みんなこれからの進み方違ってくると思う

今ねやりたくないことがあって
それをすることに意味があるのかと考える人
することにもしないことにも意味があるんだよ^-^b

だから十人十色になる
面白いよね人生って



・・・あは(ノ´∀`*)私も文章まとまってなーい
だけど今日はメイン記事で満足したのでこっちはこれで(*`д´)b OK!ww
そんな私もブログ書き続けて行ったら
1年後結果出せるかな♪楽しみ~.....ヾ( 〃∇〃)ツ
[PR]
by sakura-smile | 2005-01-22 02:22 | ブログについて