『やきもち』 のありがたみ
更新が滞っている櫻です... ( 〃..)ノ コンニチハ。

一昨日は早い時間からダウンして寝てました・・・εミ(ο_ _)ο
仕事から帰って夕飯食べるくらいまでは良かったんですけど、
その後ブログ書こうとPCに向かった時から気分と体調が良くなくてΩヽ(-"-;)南無南無。。。。
TV(〃 ̄)-~ポ-っと見ながら気分替えはしてたんですけど、ダメでした・・・

ちょっと横になろうかな…

と思った時点で朝を迎えます(〃∇〃)ヾナハハ…w


特に大親分さんのことを書かなきゃみたいに思ってたから

TV(〃 ̄)-~ポ-・・・。o○(ブログ書かなきゃ…

(。-ω-)んー・・・…..(o_ _)o w

まぁいっか♪(・ω・ノ)ノ⌒w



そんな流れで昨日ちょこっと((φ(・ω・*)かきかき♪していたんですけど
ちょっと集中力に欠けてしまって更新できず・・・...A;゚∇゚)/ごめんなさぃ。。

今日は朝からお母さまと喫茶行ってきて良い気分になったので、ちょっと語りしちゃいます^^

語りの内容は・・・『やきもち』 について。
一昨日のコメントで嫉妬深い男の人ってどうなんだろうって書かれていたので
私が今までの経験から思ってきたことを((φ(・ω・*)かきかきしちゃいます♪

前回の内容で大変そうに見えちゃったのかは良く分からないんですけど、
私はまったく大変じゃないのでご心配なく^^

元から仕事で帰り遅くなるって言ってましたからね~
メールもらったのが既に8時過ぎでしたし・・・。
普段どらから待ってるとか、来いって連絡は淋しいほどないんですよw
いつも相手の都合に合わせる人ですから(,,-ω-)(-ω-,,)ネー。

だからこの前のお誘いメールは嬉しいくらいだったんです^^

まぁ、このブログをいつも見てくれてる人なら分かると思うのですが
どらの嫉妬は嫌がるどころか・・・逆に喜んでますので(〃∇〃)ヾナハハ…w


と言うわけで 『男の人の嫉妬』 について((φ(・ω・*)かきかき♪^^

あ・・・、先に言っておきますが、語るといつも長くなるのでそこだけご了承ください・・・w




私の中で 『妬かれる』 に対する考え方がずいぶん昔と今では変わりました。
昔と今と言うより・・・相手の人に合わせてってところが大きいのかな?と思います。

以前は、妬かれるってホント好きではなかったんです。
んー・・・、嫌いと言っても良いくらいかもしれません。

『何でそんなことに妬くの?』
『どうしてそんなに束縛するの?』

男の人があれもこれもダメと言う気持ち、理解できなかったんですよねー・・・。
どんなに恋人とは言えども、私も、そして相手も 『自分』 と言うものをもった一人の人。
自由があっても良いんじゃ?という気持ちがかなり強かったんです。

特に私は人と触れ合うのをすごい好み
色んな人から刺激を受けては(〃 ' ')ほぉ~と関心し
自分も素敵になろう♪と思うのが好きなタイプ。

それゆえにあっちへ行ったり、こっちへ行ったり。
ふらふらしてると言われればそれまでですけど、どこかにとどまることを知らずに
自分を求めてくれる人の誘いを(* ・∀・)ノ '`ィ と喜んで受けるのが好きだったんです。
みんなの嬉しそうな顔を見るのが好きで、みんなが楽しくなる気持ちに応えたくて。
自分を取り巻く人たちにとって自分がどうしたら喜んでもらえるのかを考える私。

だからなのか付き合ってる人には毎度のように束縛されて。
束縛されると言うか・・・そう思えてしまってたんでしょうね。
友達の誕生日会に行くのにも反対されたり、
バイトをしてて 『俺とバイトとどっちが大事なの?』 と言われることも。

『何でそのくらい自由にならないんだろう?』

私は何をしてもダメだと言われてしまう環境に納得がいかなかったんです。
そして、何より納得がいかなかったのはこの気持ちなんじゃないかな?って思います。

『何で私のこと信じてくれないんだろう・・・』

この信じてくれない内容は、私がちゃんと相手のことを想っていること。


妬いてしまう気持ちが束縛と言う行為に現れるとき、
やはりそれを受ける側としてはその理由が分からないと納得できないものです。
ただ単にダメでは、どうしてそうなのか分からないんです。

説明してくれないから、信じられてないから?と思わずにいられないんですよね。
その理由を理解できないから、だから言い合いになるんだと思うんです。

『何でダメなの?』 って。





私がメイポと言う世界で付き合っているどらは本当に些細なことに妬きます。
メイポの世界と言えども、メイポ以外でもメールをしてお互い何してるんだろう?と気になり
普通の彼女彼氏の関係と何も変わらない時間を過ごしています。
ただ違うのは、文字だけの付き合いであること。
相手が言った(書いた)ものを信じることで関係が成り立っている私たちです。

だからなのかも知れませんね。
分からないところは相手の気持ちを確かめるものが欲しい。
その気持ちの表れで 『妬く&束縛』 と言う行為があるのかもしれません。
どちらかにリアルの相手がいたらそんなに妬くこともないんでしょうけど、今はお互いですからね^^
特別な関係にある2人がお互いの行動に妬いたり、妬かれたりする。
これは当たり前のことかなとも思います。

Σ('◇'*)エェッ!?これもダメ?w

ってホント突っ込みたくなるようなこともたくさん。
だけど、不思議なことに今はそれほどその気持ちが苦しくないんですよね。
嫌がってもない。むしろ・・・そう思われることを喜んでいる私がいます。

はじめの頃は、本当に彼の気持ちが重かったです。
ネットで付き合っているからこそ、彼以外の人と触れ合う機会も多く
チャットと言う形で、彼が見てるところで私と友達のやりとりが行われますから。

それが気になって仕方がないようです。
悪く言えば 『見張られている』 感覚もありますね。

確かに、彼といるようになって他の友達といる時間は極端に減りました。
彼の知らないところで楽しくいることに抵抗を感じる自分がいるのも
以前からすると考えられなかったことです。

そう、以前の私なら・・・

『友達と恋人どっちが大切?』 と言う質問を投げかけられた時には
『友達。』 と答えていたと思います。

束縛されることに嫌気さえ感じていた以前の私は
友達といる時間のほうが貴重だったんですよね。
一緒にいられることの喜びを、彼氏さんではなく友達に感じるほどに。


どらと付き合うようになって変わったのは
『彼が一番大事』 と言う考え方。

それまで決して付き合っていた方を蔑ろにしていたつもりではなかったんですが
あまりに 『みんな』 を大事にしようと欲張っていたんですよね。

優先順位のない想いが
結局自分の気持ちを決められずに彼を苦しめていたんです。

もちろん、彼が一番大事と言う話で、私にとってはみんなも大事。
だけど、彼を 『一番』 と思うだけで、言動や行動、想いに違いが生まれてくるんです。

彼が妬いた時

『妬かせるようなことをしてごめんね。』

今はそう言える私がここにいるんですよね。
あんなに妬かれることも、束縛されることも嫌がっていた私なのに
彼を苦しそうな、淋しそうな気持ちにさせてしまった自分を反省できてしまう。


妬かれた時に納得できない理由として↑でも書いた
『ちゃんと彼のことを想っているのに』 と言う想い。

想いだけではダメなんですよね。
ちゃんと安心させてあげないと。

だから、その安心させてあげるための自分の行動は相手によって変わってくると思うんです。
どらの場合は・・・私が友達と楽しそうに話すだけでも妬いてしまうので
だからちょっと友達と冗談まじりの会話をする時にも気を付けています。

私が話をしても彼が安心できる人であること。
今はそれが私が気を抜いて話せる相手の条件です。

ですが、全員が全員そんなわけはないので
彼が安心できるようにどんなことだよ~と話すようにしていたり
時には、そんなことで妬かないでよってちょこっとお叱りをしちゃうこともありますけどね^^

妬かれることに嫌だと思うか、ごめんねと思えるか。
その違いは相手の人の気持ち次第なところが大きいです。
何で妬くのか、納得する理由を話してくれたらそうしないようにしようと思えるものかなって。
そんなこと話さなくても分かって欲しい。
それで言い合ったりするようでは、まだ分かり合うには浅い付き合いなのかも知れませんね。
言い合うことは、相手を少なからず嫌な気分にさせますから。

私とどらは・・・かなぁーり言い合ってます・・・w
お互い納得行くまで自分の思うところを言い合って
自分の言い分を言った上で、相手の意見も聞いて、そうして答えを出す。
どちらが良い悪いの答えではなくて、お互い相手のことを分かってなくてごめんね。と言う答えを。

そうまでしてきた私たちだから
どらがどんなことを良く思い、どんなことを悪く思う。
その理由が分かってきたからだと言うのもあるかもしれません。
妬かれる理由が分かれば、妬かせてごめん。とも言えるものです。

もちろん、自分が納得いく理由ならですけどね^^

たぶん私はまだどらが満足できるほど一番大事にできてません。
ですが、少しでもそう言う気持ちでいるからこそ
彼が嫌に思うことはしないようにしよう。そう言う行動に出ることを嫌に思わなくなってきました。

彼と想い合える喜び。
その気持ちがあれば、どんなことも嫌じゃなかったりします。
かなりわがままな人なので大変は大変ですけど、かわいいものです^^
他の人にはそんなわがまま言わないですから
だから特別な嬉しさもあっての可愛らしさに見えるんでしょうね。


どらがメインで狩りをすれば、まずメイポ内で一緒にいることはほとんどないです。
一緒に狩ることもないから、私は特にメイポですることもないと言った感じにもなってます。
それでも、プリ櫻ちゃとしての私ではなく、私と言うひとりの人を求めてくれているのを感じるからこそ
その想いに応えたくなり、彼のわがままに出来る限り応えたくもなる。そう言うものですね^^

いつも一緒にいると分からない気持ちかもしれませんね。
離れてみるとどんなものであれ、相手の自分への気持ちが嬉しく感じるられるものかなと思います。
離れていてそれが普通になったとき、想われてないのかな?と言う不安にかられます。
想われてもいない相手を想い続けられるほど人と言うのは強くないですからね・・・。

だからこそ、そばにいないのを普通だと感じたときの
『妬かれる』 と言う気持ちは、これ以上の愛情表現もないなと喜べるんですよね^^

彼は・・・ホント気持ちを伝えるのだけは不器用だと思います。
他の部分は何やらせてもかなわないなぁと惚れるくらいの器用さがあるんですけどね・・・w
そのギャップがすごく可愛く見えてしまいます^^

日本男児の亭主関白とでも言うのか・・・そのくらい分かれよっ!ってタイプです。
だから直接には伝わりにくく、分かりにくいところもたくさん。
もし、彼がこれほどまでのやきもち妬きさんじゃなかったら、
私は彼の気持ちの大きさを知る手段をなくしてしまうかもしれません。

はじめの頃は、確かにお互いすごい辛い時期もありました。
私はなぜこうまで妬かれなくてはならないのかと思う
彼はどうしてそんなことをするのかと思う。
お互い分かり合えない気持ちをぶつけ合い、かなり答えの出ない言い合いもしたものです。

そのうち、彼が自分の妬き過ぎる気持ちを抑えようと頑張ってる姿も見てきました。
特別な人がいる誰かのブログで他の人と仲良く書かれているのを見ては
自分は妬きすぎだって反省してるのも知ってます。
それでも、抑えられない気持ちなんですから、後は受け止めるしかないでしょう^^

以前は本気で怒っていたやりとりも、冗談交じりで言い合えるくらいになりました。
また妬いてるってその可愛さを嬉しく思いながらも、ごめんねってちゃんと反省して
自分の行動を少しずつ変えて行ってます。
まだ彼にとっては我慢できないこともたくさんしてしまう私ですが
そのたびに最低ーとか言いながらも、そんな私をちゃんと受け入れてくれる彼がいる。
だからこそ、彼の思いにも応えたくなる。

お互いを思い遣る気持ちが大事ですね^^

妬く、妬かれるはバランスが大事。
お互いがどんな人かによって、必要なものでもあり、いらないものでもあり。
相手のことを思えば自然にどんなやり取りをしていけば良いのか答えが見つかるはずです。

普段妬かれすぎな気持ちに疲れてしまっている方は
妬かれて羨ましいな と思ってる人よりは想われる気持ちに幸せを感じてください。
相手のことを想えるあなたであるならば、2人の関係はうまくいくはずです^^
[PR]
by sakura-smile | 2006-04-16 19:03 | 櫻の語りまくり
<< 本当に嬉しいもの。 プリの居場所 ~好きな気持ちが... >>