自分の生き方に・・・
ネットは・・・本当にたくさんの出会いをくれる場所で
たくさんの人と友達になりたい、色んな刺激を受けたいと言う私の思いを
簡単に叶えてくれる場所でした。

色んな人と出会って、良いところも悪いところも自分にとって非常に素敵な経験になり
ネットを始める前の私と比べて自分でも分かるくらい精神的に成長したなと思います。

初めてネットでチャットと言うものを経験してから・・・もう8年。
年齢も、性別も分からない人を相手にして
はじめは自分のリアルのことを話すのも抵抗があったものが
お互いに色んな考え方に触れることで、普通の友達と何も変わらないなと思えるようになり
次第に自分の素を見せるようになって、さらにお互いの理解を深められるようになっていました。

リアルでもしないような 「本音」 の語りをできるくらいの相手に出会い
相手が自分の全てを知らないだけに相談もしやすくて
それ故にすごい辛い苦しみから救っていただいたこともたくさんあります。
私のブログにも、お初な方でさえ悩みを書いてくれて
そういうのに応えることで元気になってくれたときにはすごい嬉しかったりしました。

私の今までを振り返っても、私が人の良いところを見るからというのもあるかもしれませんが
本当にみんな素敵な人ばかりで、私も良い刺激をたくさんもらいました。
ネットにはこういう人ばかりだっていつしか抵抗なく思うようになり
誰にでも気軽に触れ合える自分がここにいました。


私のネットスタイルは自由。
色んな刺激を得て、成長する自分になるために、本当に壁を作らず過ごしてきました。
人の心に触れるのが好きで、傷ついている人に手を差し伸べるのもエゴかもしれませんが
何もせず見過ごすことのできない私は自分なりに考えて精一杯接してきました。

自分の生き方・・・

今、その自分が今までしてきたこと、自分の考え方を振り返り悩んでいます。
ネットに長い間いたことによって、色んなものに抵抗を感じない自分。
どんなやり取りに置いても気軽すぎる自分・・・。
それがたとえ、その時々精一杯考えて出した行動だとしても
結局 「断る」 ことができずに、受け入れてしまう自分の浅はかさ。

メールと言う自分のリアルの日常生活に触れるものを、ネットで出会った人に教える行為。
私は、メールを教えるのは教えても良いと思われる人を限定にしています。
やはり誰にでもなどそこまで軽率でもないつもりですが、良いと思う人が少なくないのは事実。
メール交換自体ずいぶんとネット世界でも気軽なものになっていますし・・・。

ブログで大切な友達が悩み苦しんでいるのを知り、何か連絡取れる方法はないかなと
私も過去、女の子ではありますが、ひとりブログに携帯アドレスを書き残したことがあります。
逆に私の悩みを何とかしてあげたいと思ってくれた友達が書き残してくれたこともあります。
悩みも解決して、特に送らずにいたのですが、教えても送ってくれないと言われたときに
その友達も私にとって大切な友達、本当に何気ない日常会話のやり取りをするようになりました。
そういう感じでメール交換自体は特別な思いを抱いていない人とでもしてしまう自分。

他にも良く狩りをするようになっていた違う友達には、メッセで話をしているときに
眠くて寝てくるからここに連絡ちょうだいとメッセのメールで携帯アドレスを教えてもらいました。
はじめは連絡するくらいならと私は携帯を教えるのに抵抗があったのもあり
ホットメールで送ろうとしたのですが相手側に届かず
携帯から送ってと言う言葉に携帯のアドレスを知りたいんだろうなという気持ちはありましたが
その友達も私にとって気軽に話しのできる大切な友達だったのでやりとりをするようになりました。

ネットを始めた頃には、携帯のやりとりなど出来ないと思っていた私も
そういう友達が周りに普通にいること、友達への思いが以前より信用のおけるものになっていたこと
そういう理由で 「抵抗を感じず受け入れる」 自分になっていました。
さすがに異性には自分から教えてなど言わないですが、言われて教えたら同じですよね。

写メも同じ感覚に近いものがあって、よっぽど教えてと言う人もメアドに比べたら少ないですが
教えてと言う人にとって気軽なものであるためか、はじめの頃は抵抗があり断っていましたが・・・。
初めてネット友達にリアルを見せたのはBO時代・・・もう3年も前のことです。
本当に抵抗があり、別に顔なんて知らなくてもいいじゃないと何度も断りをしてました。
だけど、周りの友達があまりに普通に交換していたのもあり
特に異性だから知りたいと思われてるわけでもないんだというのを知った安心感もあり。
毎回言われるたびに抵抗はあるものの・・・結果的に見せている自分がいます。

私が自分から言わないのは、こういう 「心」 のやり取りをしている世界において
「顔」 の情報を知らなくても何も変わらない関係を作り上げられると思っているから。
顔を知る、知らないで態度が変わるような友達を持った覚えもないから。
それ故に、相手が見せて欲しいという好奇心に応えるのにも抵抗がなかったのも否めません。

全てのやり取りが 「自分に特別な人がいないとき」 であったとしても
相手の方に悪いからとかそういう理由に関係なく・・・この行動は浅はかすぎ・・・
なのか、そうじゃないのかさえ自分では正直なところ分からないんです。

心のやりとりを重視している私にとって、それはリアルでも同じ。
街を歩く人を見ても、どんなに顔が素敵だと思える人がいたとしても興味ないんです。
キレイな人、カワイイ人、上品な人、そういう印象は残ったとしても
その人の人柄は外面では分からないもの。それだけで惹かれるわけではないですから。

だからこそ、相手がどんな人なのか、その心に触れて自分で判断します。
噂も、外見も、地位も、その人の周りにいる友達も何も関係なく、ひとりの人として見ます。
今まで本当にたくさんの人と触れてきた私にとっては些細なやりとりですら
その人の行動パターンがわかり、どういう人かと言うのがある程度分かってしまうんです。
もちろん、人には過ちと言うその人本来の良さが隠れてしまった部分があるのも知っているので
少しの情報でその人を悪いと決めることもなく、良い部分を見る自分がいるわけなのですが・・・。

「良い人が好き」

誰にでも良いところを見つけられる私にとっては
みんながその対象になります。
嫌いな人など存在しなくて、人を嫌えないんです。
人に嫌われると言うのはすごく辛くて悲しいことです。
そういう経験を私が与えるているという事実に私が苦しいんです。
だから、どんなに嫌いな部分のある人であっても、私が嫌いな部分を見るからいけないのであって
良い部分を見ていたら、その人を嫌わなくて済む。そういう考え方をしてしまうんです。
もちろん、好きだと思う人だからこそ、嫌な部分は直したほうが良いよと言うことはありますが
それで突き放すなどそういう行為はできるはずもなく・・・。



今悩んでいるのはそういう私の行動の 「軽さ」 によって
大好きな人を妬かせてしまい、苦しめていること。

全てが過去のことで、彼とこういう関係になった今は
彼が嫌がるのも分かっててそういうことはしないと断言できるのですが
私がリンクバナー集のところで 『多くの人と友達になりたい(*'▽'*)わぁ♪』 と書いたのを
素敵なことだと褒めてくれた彼にさえ・・・ 『友チャで話しすぎ』 と言われ
彼と過ごすようになってから、これでもかなり自分の中で制限していただけに
何もするなと言われたような気になって・・・どうして良いのかわかりません。

今までこういう生き方をしてきたからこそ、今の自分があり
そういう自分を好きだと言ってくれた彼に今の自分を否定され・・・。
全てが 『過去』 のことで、『今』 の私は彼しか見ていないと言っていても
その想い・・・全く届くことがないようです。

メイポと言うネット世界でも、私は彼に 『愛してる』 と言えるほど
本気で失いたくない存在だと思い、そばにいたいと思っているのは分かってくれてても
過去に色々ありすぎた私を信じることもできず、その軽さに安心させられないみたいです。

私は彼と一緒にいるためにメイポをしているようなところがあるから
『彼だけ』 それで良いと思ったんです。
彼が楽になってくれるなら友録も消して、ギルドも抜けて・・・
何もなくても良いとさえ思いました。

だけど、彼が私の好きなところを 『優しさ』 であり、『みんなに親しまれているところ』 と言う
『彼だけ』 になった自分が彼の好きな自分でいられる自信もないんです。

好きだから妬いてくれてるのは分かります。
すごくありがたい気持ちです。
ですが、本当に彼は苦しんでいて・・・それを救うこともできず
私が私らしくあることで、彼を傷つけてしまっているんです。

もう妬くことがなくて楽になりたい・・・
そう言う彼を妬かせてしまって、言い訳も聞きたくないと突き放されました。
頭を冷やせと・・・。

彼以外のために何をしても、妬かせてしまう気がします。
何もしなかったらいい・・・それが彼の好きな私でいられる自信もなく
自分の生き方が分からなくて泣けてきます。

『何もしない』 これほど私らしくないことはありません。
そんな自分は自分でも許せないくらいの存在に思えて仕方がないんです。

何が言いたいのかも良く分からなくなってしまいましたが
彼のそばにいて、彼を妬かせない自信がないんです。
ちょっとした会話だけでも妬いてしまう彼に・・・今の私にできることと言えば
彼を苦しませないためにそばにいないほうが良い・・・とそんなことも考えてしまいます。

本当に大好きな人なんです。
苦しんでいる姿を見ているのが辛いんです・・・。
苦しませたくないんです。


どうしたらいいのか、その答え探してきます。
友達も言っていましたが妬かない男の人はいないと言います。
妬かれても・・・彼が苦しんでなきゃいいんです。
そうじゃないから、もう少し私にできることを考えてきます。
[PR]
by sakura-smile | 2006-01-27 15:51 | 櫻ちゃメイポ日記。
<< 一途な優しさ 大切な思い出 >>