嘘で守れるもの
なんで嘘をつくんだろう

誰かを傷つけないために、嫌なことを教えない 『優しい嘘』
自分の過ちを隠すための 『偽りの嘘』

嘘って言っても色々あるよね
誰かのために何かを考えたとき
すべてありのまま伝えるのはすごく危険。
伝えられる人の気持ちが弱ければ弱いほど
ありのままの剥き出しな言葉で伝えてしまうと
その人のガラスのような心を砕いてしまうかもしれない

でもね、
やっぱり優しい嘘も、偽りの嘘も同じ

真実を知らないまま、知らされないままでいることは
何も生まない。

どっちにしても、嘘ではじまった物語は
嘘で重ねていかないとつじつまが合わなくなってしまう
嘘を聞かされた人がね
はじめの段階でその物語を終わらせてくれるなら良いけど
どうして?なんで?って疑問をもたれたとき
嘘をついた人が与えられる答えは
やっぱり偽りの物語。


言葉ってねすごいんだよ
私はこうやってブログで語りまくりしてたりするけど
最近メイポで一緒にいる人たちが
すごい疑問を投げかけてくるの
すごい悩みを抱えているの
それに答えたくて自分の思いを伝える
ブログに書きたいようなことをめっちゃ語ってるの

たった1行のチャットウィンドウに
少しずつ少しずつ相手の反応を見ながら言葉を重ねる。
こうやって一方通行で語ってるよりもずっとずっと私にとってすごい刺激になる時間。

言葉にすることは決して簡単なことじゃない
ニュアンスという曖昧なものじゃなくて特定な意味を持つ単語の集まり
もちろん誤解だって生むこともある


嘘はね、時には必要かもしれない
世の中には本当に色んな人がいて、私たちが出会う人の数も数え切れないもの

難しい言葉を並べてその人にとって最良の結果を与えてあげることってすごく大変
それに対して、嘘を言うことって簡単なの

その場をうまく過ぎ去るための手段とでも言った方が良いかな
だから、世の中色んな人がいすぎて
全ての人に対して本気で答えていたら疲れちゃうもの
それは自分で選んだら良い
自分の想いを伝えて受け止めてくれる人かどうかを選んだら良い
本当に色んな人がいるもの

私もこうやって語り好きだから
悩みを抱えた人に語りかけてその人の心のつっかかりを取り除いてあげたいと思う
でもね、聞いてくれる人には私の気持ちは届いても
まったく聞き耳持たない人には・・・何も与えることできないの。


自分が嘘をつくときちょっと考えてみて欲しい
その相手の人は嘘をついて良い人かどうか。
嘘で固めた物語の主人公にさせても良い人なのかどうか

嘘をつかないのはね
自分のためでもあるんだよ。
逃げない自分になるための試練
本当の幸せをつかむために与えられた大きな壁。

壁の向こうにはね
きっと自分の知らない世界が広がってる
自分が触れてこなかった世界が存在してるはず

だからね、いつか乗り越えなきゃならないの。


私は嘘をつくのは好きじゃない
それでも、嘘をつくこともある

そういう時に思うのは・・・やっぱり虚しさが残ってる自分。
心の中にもやもやがあってすっきりしない自分。

やっぱりね本気で本音を語れる人が好き
不都合があっても二人で壁を乗り越えようとする人が好き
それで生まれる信頼関係を持てる人がやっぱり良い

私は嘘をつきたくなるような内容に関して
本当のことを言っても何も変わらない関係が残ると、
言っても大丈夫な人だと信じられたい

そうじゃない人もいるだろうけど
私は、大丈夫。

なぜ嘘をつかなきゃならないかを一緒に考えられる。
そして、嘘をついてまで直視しようとしない問題を一緒に解決してあげたい。

本当の幸せをつかんで欲しい。


私は不思議なことに嫌なことをされてもその人を嫌いになることはないの
良いところを知っているから、
嫌な部分で嫌いになるより良い部分で好きになれる

でもね、嘘をついてるって感じる人は
嫌いではないけど、好きではいられない
なぜかって
その見せてくれた良い部分が本物なのか信じられなくなるから。

嘘の数が増えれば増えるほど
全て嘘なんじゃないかって疑ってしまうから。

本当は疑いたくないの
見せてくれた良い部分を信じていたい



嘘ってね、ばれたときが怖い
隠しに隠してきたことがばれた瞬間
それまで築き上げてきた信頼関係が脆く儚く崩れて消える

信じてたのに・・・って裏切られた気持ちにさえなる
怖いよね。

大切なものだから大事に大事に嘘をついてきたのに・・・ね。


そんなに信じられない相手かな
嘘をつかなきゃ消えちゃう相手なのかな
本当のこと言える信頼関係そこにはないのかな

本当のことを言って傷つけてしまったなら、全力で癒してあげれば良い
嘘の物語の主人公にされて生きてるなんて悲しすぎる。

事実が真実だとは言わない。
きっと簡単に知ることのできない見えない事情がそこにはあるはずだから
その事情、教えて欲しい。

どんなに傷つけ合っても、やっぱり嘘のない関係が素敵だと思う
信じられる関係、素敵だと思う

信じて欲しい、信じていたい
そんなことを考えなくなるくらいの信頼関係
一緒にいて居心地の良い関係

友達でも、恋人でも、家族でも
自分の周りにいる人を素敵な人だと思いたい。

もし今自分の大切な人との関係に嘘があるなら
勇気を出して壁を乗り越えてみるのも、悪くないかも

壁の向こうからその大切な人が手を差し伸べてくれるのを信じて
信じられる相手だと信じて。

自分にとって大切な人だと思うなら
このままいつまでも嘘の物語の主人公にさせてちゃだめ。

失ってからじゃ遅いから。
失う前に守れる誠意を見せてあげて欲しいな。
[PR]
by sakura-smile | 2005-09-01 23:28 | 櫻の語りまくり
<< 『自分から』 の勇気。 私らしく >>