周りの人たちに影響されながら。
ネトゲ・・・みんなが楽しい時間を求めて、自分以外にも生の人と会話をしながら楽しめるゲーム。
昔のスーパーファミコン、プレステといった無機質菜コンピュータ相手ではなく
感情を持った人との時間を過ごせるゲーム。

ゲームという遊び感覚よりも、そのネトゲの世界に住む、生きるという表現のほうが正しいのかも。

学校や会社から帰って自宅のPCをON。
ゲームにログインすると自分を待ってくれてる人たちがいる。
『おかえりなさい』 と、迎えてくれる友達がいる。

だから、毎日のように私たちネトゲをしている人たちは
その世界に帰って行く。

『ただいま^^』


よくよくネトゲにはまっている人を 『廃人』 って言うよね
レベル上げや点数上げに必死になってリアルを疎かにしている人のことを。

私もボンバ時代も、メイポ時代もどちらもそれなりにかなりの時間を過ごしてきちゃった
徹夜したこともあるし、睡眠不足にだってたくさんある
点数やレベルにこだわって上を目指したこともある。

でも、今の私はネトゲを、メイポをしていることに何の後悔もないです
学生の頃と違って毎日の課題がないからかもしれないけど、
家に帰れば仕事を持ち帰るわけじゃないから
気持ちの切り替えとしてメイポができてます。

でも、確かにネトゲをしている時間にTVは見れていない
そういったことから音楽やドラマなんかの時代の流れには乗れてないのは否めない
これはやっぱり 『廃人』 なのかな?

感覚的に 『廃人』 って心を失った人のことを言うんじゃないかなって思ってます。

何よりレベルや点数にこだわる人
楽しい楽しくないに関わらず効率にこだわり
ゲームをやってきた時間を振り返ったときに
『無駄な時間の積み重ね』 と思えてしまう人。

・・・友達との時間を素直に楽しめない人。


私が今ゲームをやっている時間を無駄だと、自分を廃人だとまったく思っていないのは
そういう変なこだわりが今は何もないから。
楽しい時間を過ごすために、何をしたいか
一緒にいてくれる人たちを楽しませるためにどうしたらいいか
そんなことを考えてます。

だから、一応毎日みんなに会うためにINはするものの10分で落ちる日だって普通にあるもの。
変なこだわりでリアルの時間をも無駄だと思うようになったら怖いね。


でも、やっぱりそういう気持ちになれるのって
自分の周りにいる人の影響ってすごい大きい。
周りがレベルを気にする人なら、それについていかないと置いていかれちゃう
同じレベルにいられないことは、同じ場所で遊べないことにつながる。
みんなといるためにレベル上げを頑張ってる、そんな自分でいたときもあるもの。

『今何レベル?』

そう聞かれるたびに、答えるのが何か嫌だった。
何でそんなにレベルにこだわるんだろう。
その私のレベルを聞いたから何だって言うんだろう。
置いていかれる、追いつく、そういったものに関係あるのかな

追う、追われるという気持ちってすごい楽じゃない。
楽しくもない。
今日これだけしかやれなかったから、同等な自分でいるために、明日は頑張らないといけない。
そんな決め事をもっちゃうと、何か楽しいことがあっても参加できない狭い心になってしまう。

『再会』

やっとこのフラッシュを見ても、自分の生き方に後悔することがなくなってきました。
やっと、やっと素直に友達との時間を楽しめているそんな気がします。

そんな気持ちになれたのは
今いつも一緒に遊んでくれている人たちのおかげ。

『みんなと楽しむこと』

これを第一に考えて、それが全ての人たち。


今日のジャクムを一緒に行くいつも遊んでくれる人たち。
ジャクムってある意味メイポの中でもイベント的存在として君臨してる。
ゴールのないオンラインロールプレイングゲームの中で昔からいるボス的存在。

ボスなのに、今はそのボスよりもずっとずっと効率の良い敵がたくさんできちゃって
レベルをあげたい人からしたら 『行くのめんどくさい』 って思う人もいるだろうね。

私にとってのジャクムは、『みんなと一緒に力を合わせられる楽しい時間』
ボディガをやっていたときも同じ。
経験値が目的だったんじゃなくて、ちょっとしたミスで失敗してしまう
そんな緊張感を楽しみながら、みんなが同じ気持ちでクリア(敵を倒すこと)を願ってる。
同じ狩場マップでみんなで狩り狩りするのだって楽しいけど
そうじゃなくて
たったひとつの敵を倒すためにみんなで力を合わせる。
誰が欠けてもダメ。
『みんなで生き残ろうね。』 という思いを抱きながら、最後にはお疲れ様を笑って言いたい。

今日、ジャクム本体戦行って来ます。
終わったときどんな気持ちでいるんだろう。


・・・この本対戦に挑むためのPT編成で、
私のせいでもめごとを起こしてしまいました。
以前ジャクムで色々あってメイポを辞めてしまった人を思い出すような
同じ思いを経験しました。

自分の存在って何だろうと、ただの迷惑な人でしかないなと・・・自暴自棄な気持ち。
いつも一緒に遊んでくれる大切な人たちを混乱させてしまって反省してもしきれない
自分の居場所を失ったような気持ちになっていました。
ジャクム・・・みんなそれほどまでに真剣なんですよね。


問題は解決したけど、人との関係、どう変わっているのかまだ見えてないとこもあります。
私の居場所はそこにあると言ってはくれてるけどその言葉に甘えていいのか
まだあまりに自分のしてしまった過ちの大きさに後悔の念が消えないです。

今日のジャクム、頑張ってきます。
それが終わったとき、何かちょっとした答えが生まれてるような・・・そんな気がしています。


一緒に行くメンバはホントに楽しみにしてるので
私もいつもの笑顔で最高のプリ業頑張ってきますね^^
[PR]
by sakura-smile | 2005-08-27 19:48 | メイポで語り
<< ジャクム本体・土曜定期編(第1戦) ジャクム腕(第5戦) ~ ... >>